WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 伊吹山
FC2ブログ
伊吹山
2010 / 07 / 20 ( Tue ) 16:15:42
連休最終日、宝塚方面はメチャ渋滞するだろうと思い、反対の名古屋方面へ。
信楽のたぬきさんに「営業部長、また早起きしたけれど、今日はどこへ行くんだろう??」と尋ねてもねぇ・・・
DSC_8213.jpg
高山植物百花咲き乱れの伊吹山へ。
下界よりも、6度気温が低く、吹く風は気持ちよい。
DSC_8228.jpg
あの遊歩道を登っていくんだよ!
「遊歩道入り口に熊って書いてあるよ?」
大丈夫、熊よけの鈴をこの間買ったでしょ!
DSC_8231.jpg
営業部長は、カメラマンと化す。
短い夏を惜しむかのように、花も虫も瞬間を謳歌している。
DSC_8246.jpg<hotarunobukuro.jpg<kinbaisou.jpg
kusafuji.jpg<metakarakou.jpg<syurosou.jpg
DSC_8257.jpg<hakusanfuuro.jpg
oobagiboushi.jpg<miyakogusa.jpg
shimotukesou.jpg<utubogusa.jpg
梅雨明けの日差しは強いが、時折発生する霧が冷気を運んでくれ、汗が引く。
DSC_8330.jpg
下界からドライブウェイで登ってきてよかったわ~、歩いては無理!といったのは、JUDYか前葉トレーナーか?
DSCF1066.jpg
ワンコには、足場が悪い遊歩道だが、慎重に山頂を目指す。
DSC_8309.jpg
観光客のみなさんに「頑張っているね!」「おりこうさん!」「写真撮ってもいい?」など声をかけてもらう。
もちろん毎度のことながら「ボーダーですよね?」「うちもボーダー飼ってるよ」などもある。
そしてやっぱり 「熊だ!」 といわれた・・・・(撃沈↓)
前葉トレーナーも慣れたもので 「小熊で~す」 と自己紹介する。
熊よけの鈴をつけた熊なんているもんか!!
DSC_8340.jpg
無事に山頂到着、途中たっぷり氷水を補給しながら登れたね!
日差しが痛いわ~
DSCF1069.jpg
下りはやっぱり何往復も走り回るJUDY。
DSC_8373.jpg
あと数週間すれば、百花繚乱のお花畑になるだろう。
四季折々の花に、また会いにきたいね。

おまけ

伊吹山下山途中に “子熊”出没 !!
DSC_8443.jpg
子熊に出会ったら、両手を広げてニッコリしてね。
ただしこの子熊はキス魔だよ!
DSC_8441.jpg

追記
虫がたくさんいる山でしたが、天然成分ニームの虫除けスプレーと洋服、そして先日買った超音波ダニよけのおかげか、ダニは一匹も付きませんでした。
スポンサーサイト




つれづれなる日記 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<酷暑 * HOME * 避暑>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

伊吹山、よく行きました!
途中、雲が山の下に出てきたりして
本当すばらしい風景ですよね。
(あ、私は車で行ってました)

なつかしいなぁ。

ところで、いつも思っていたのですが、
ダニがつくって、どうやってわかるのでしょうか?

うちの庭はリスにシマリス、ウサギにネズミ、と野生動物がたくさんいてるので、
ダニやノミも絶対生息してるはず。
ですが、私にはそのダニやノミが犬達に
ついたかどうか、確認する方法がわからず
放置状態なんです。

毛を手で分けて、中の肌をチェックしたら、
ダニやノミって、見つけれるんでしょうか?
by: ボーダーママ * 2010/07/21 01:00 * URL [ *編集] * page top↑
 

ボーダーママさんへ
ノミってぴょんぴょんするから分かるらしいです。
(JUDYは付いたことがないので・・・)
猫ちゃんがいるなら、気をつけないといけませんね。
ダニは、頭部やお尻など、ワンコが自力で落とせない場所が多いみたい。
JUDYは2度とも頭でした。
顔を痒がったり、耳を振ったりしたのでチェックしたら・・・
毛を掻き分けると、しっかり食いついていましたよ。
毎日スキンシップを兼ねて、念入りに触ってあげることが大事ですね。
by: 前葉トレーナー * 2010/07/21 21:30 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/634-4c15d717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *