WIKIレンタル いつも一緒に・・・ おじいちゃま (家族)
FC2ブログ
おじいちゃま (家族)
2019 / 02 / 08 ( Fri ) 00:00:00
おじいちゃま.... 前葉トレーナーの最愛の父との最後の記録をここに書き残します。

1月31日
前日の暖かさがウソのように凍える朝でした。
パパが夜通し車を走らせてくれたので、朝5:30におじいちゃまが長年暮らした実家へ着きました。
おばあちゃまの喪服を探してからリロケーション宅へ向かいます。

仕事場から駆けつけてくれていたグランチャパパのおかげで、おばあちゃまは独りぼっちになることはなく、いつも通りでホッとしました。

夢なのか現実なのか・・・

安置されたおじいちゃまに会って、夢ではないんだ・・・・

微笑んでいました

いつも通りにおばあちゃまがお見舞いに行って じいちゃん 来たよ。 お昼寝してないで目を開けてよ~
いつも通りに目を開けて・・・ そのまま眠るようにスゥ~っと逝ったそうです。
おじいちゃまは、おばあちゃまが来るのを待っていたんですね。
おじいちゃまらしいです。

そこからは否応なしに現実に引き戻されます。
お通夜は、葬儀は、お花は、お坊さんは、戒名は、精進落としは、御棺は、衣装は、ドライアイスは、費用は・・・・・
喪主であるおばあちゃまに決められるはずもなく、私が・・・ 私が・・・
淡々と決まっていきます。

寒がりだったおじいちゃま できるだけ独り寒い時間は長くならないように日取りを決めました。

家族の手で納棺を済ませ、じっと待っていてくれた JUDY&JOY にごほうびラン。
20190206210304723.jpeg
JUDY&JOY の元気な走りに、家族みんなが笑顔になれました。
20190206210306373.jpeg
こんな時なのにいつも一緒にいてくれてありがとう。
20190206210308184.jpeg
グランチャママとホーリー君、メイプルちゃんも駆けつけてくれて、家族が全員揃いました。
ケーキを買ってきて、おばあちゃまの86回目の誕生日、みんなでお祝いしました。
そこにいるはずのおじいちゃまがいない・・・ でも家族全員が笑うことができました。
201902062103101ae.jpeg

1月16日 おじいちゃまは自分の誕生日はちゃ~~んと覚えていました(笑)
おばあちゃまの誕生日は? すっかり忘れていたけれど。
本当に忘れちゃっていたのかなぁ、忘れたフリしていたのかなぁ。
おじいちゃまはぜ~んぜん耳が遠くならず、ち~~ともボケていませんでした。
スポンサーサイト




つれづれなる日記 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<おじいちゃま (旅立ち) * HOME * おじいちゃま (後悔)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/3731-b8ab5b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *