WIKIレンタル いつも一緒に・・・ クレートトレーニング 《その後の展開 Part 3》
クレートトレーニング 《その後の展開 Part 3》
2017 / 06 / 22 ( Thu ) 00:00:18
さて、問題です。
コレは何でしょう?
DSC04051.jpg
1.カピバラ
2.アナグマ
3.でんじぃ


わかりましたか?

   ↓
では、アタマはどっちでしょう?
A.向かって右
B.向かって左


ヒントは「毛流」です。

正解は・・・

3&A でした!

そんなこんなで、クレートトレーニングを再開してからわずか数日。
DSC04036_20170617143744001.jpg
クレートで寝る頻度がアップしてきたでんじぃ。思ったより早かったかも。

6月15日のブログで、「ハウストレーニングのやり方はひとつではない」ということを書きました。斎藤家でも、アッシュ、Charo、でんじぃ、それぞれトレーニング方法は三者三様です。

★アッシュの場合★
クレートトレーニングの前に、すでにコマンドを色々覚えていたので、オヤツ誘導でハウス、中でフセ&マテ、中でオヤツ、というやり方で進めました。当時は斎藤トレーナーも「失敗させたくない」という思いが強くて、じっくり半年かけてトレーニングしてました。

★Charoの場合★
ビビリんちょ&用心深いCharoは「安心できる逃げ場が欲しい」という本能があり、一度“クレートの中には何も来ない、自分だけの世界”というのがわかったら、すぐにハウスが好きになりました。逆に、“勝手に逃げない”&“”逃げ場から出てくる”トレーニングの方が苦労しました・・・。

★でんじぃの場合★
疲れたり、めっちゃ眠いときなど、寝床を探してウロウロしているときにクレートに誘導してあげるとすぐに入るようになりました。食べるのが大好きなでんじぃですが、オヤツはあえて使っていません。ヘタに与えると「もっと欲しい♪」モードになってハウスから出てきちゃうので・・・。

しつけ教室では、1家族ごとに分析して最良のトレーニング方法をお伝えしています。お気軽にご相談くださいね。

扉がなくても、一度寝てしまえば寝返りのときもすぐには出てこなくなりました。
DSC04089_20170617143747998.jpg
ぷすぅ〜・・・。
狭い横向きで鼻が押しつぶされていても、寝てます。ワンコにとって『狭くて暗い場所で丸くなって寝る』のは、とても自然で安心できる状態。こんなにギューギュー詰めでも、決して苦しくはないのでご心配なく。
で、いよいよ扉設置。
DSC04138_20170617143748e8b.jpg
普通はクレートの外側にカバーを掛けますが、でんじぃの場合は扉の内側にカバーをつけました。寝返りのときスチール製の扉にガシガシぶつかっているので、念のため・・・。

特に暑がりなアッシュやでんじぃのようなワンコは、ホンマは冬のほうがハウストレーニングには適しています。暑くなりすぎず、心地良い空間になるからね。夏場に始めたクレートトレーニングだけど、ほぼ成功。これから、少しずつクレートで寝る時間を延ばしていこう。

藤沢教室新企画
7月4日(火)より  「A・SO・BO!」 レッスンスタート!
ドッグアソビストがいろいろな遊びを教えてくれるよ
飼い主さんとワンちゃんのより良い関係づくりをお手伝いします
詳細はHPをご覧ください
お問い合わせはアミーゴ藤沢店まで
0466-89-0706


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

でんじぃWorld TB:0 CM:0 admin page top↑
<<こんなレッスンもやったよね・・・ * HOME * 預かり保育 2日目>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/3126-5555efda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *