WIKIレンタル いつも一緒に・・・ ヘコんでられへんっ!・・・けど
ヘコんでられへんっ!・・・けど
2017 / 04 / 15 ( Sat ) 00:00:16
いらっしゃいましぇ〜♪   いらっしゃいなのぢゃ♪
DSC03433.jpg
Charoとでんじぃが熱烈歓迎するのは・・・
毎度おなじみ、林先生でした〜。
DSC03437_20170414173912d79.jpg
2匹とも同じポーズ、オシリを向けて甘々モード全開だね。
追加のお薬を持ってきてもらいながら、検査結果の話を詳しく聞きました。

《心肥大》
全体的に肥大しているけれど、右心がここまで肥大するのはフィラリア症の典型的な症状らしい。林先生ほか数名の獣医さんたちが診断して、もしかすると過去にフィラリア症にかかっていたかもしれない、という推論に。駆虫されても、心臓疾患が残ることもあるらしく、でんじぃもそれに当てはまるかもしれない、と。

《肺動脈拡張・肺高血圧症》
加齢およびフィラリアが原因(?)で心臓内の弁が弱って閉鎖不全を起こすと、血液が逆流するので肺および全身に血液が送られにくくなる。心臓は、肺に血液を送るためにもっとがんばってしまい、肺動脈が拡張していく。肺高血圧症は肺動脈圧が持続的に高くなっていることで引き起こされる病状。

《今後起こりうる症状》
◆腹水
◆肺水腫
◆失神

《治療法》
心臓の薬を増やし、利尿剤を続けることで様子見。利尿剤で腹水や肺水腫は予防できるはず。失神に関しては、心臓が悪化していけば起こるであろうということで、予測できることではないので、日々のケアを続けていくことに専念。

「心臓ケアの療法食に切り替えたほうがいいかもしれない」とも言われました。「フードでケアできれば、薬も減らせるかもしれないから」って。

さっそく、心臓ケア用の療法食をいろいろ調べてみた。心臓と、利尿剤の影響を受けてしまう腎臓にとって大切なのは、ナトリウム・リン・タンパク質を制限すること。
そこで、ナトリウム・リン・タンパク質をはじめ、フード選びで重要な「主原料」「カロリー」「合成保存料・酸化防止剤の有無」を比較。
心臓ケアフード比較-1-Sheet1-(3)
心臓ケアフード比較-2-Sheet1-(3)
うーん・・・メーカーによってここまで違うとは・・・。基準がわからん。
できれば摂取したくない保存料・酸化防止剤(表内赤文字)の入ったフードは個人的に与えたくな〜い!
タンパク質を制限せよと言われても、あまり少なすぎると筋肉量が落ちてしまい、寝たきりを早めることにもなりかねない。コレはアッシュの介護で実感した。
有名メーカーはいずれも上質のタンパク質食材が主原料の上位になく、「動物性油脂」系が上位に入っている。「何の動物の脂肪か」を明記していないモノは、ちょっとキケンな場合もあると聞く。しかも、酸化しやすいから酸化防止剤も多めに必要になる。
さらに、トウモロコシも上位に入っている。カサ増し・消化に悪い・アレルギーの原因・コストダウンのため、などなど、あまり喜ばしくない食材なんだけどな〜。
となると、有名メーカー各社のフードは敬遠したい〜。
食材にこだわるメーカーで療法食を手がけているところは少ないけど、大手じゃないだけに成分分析が明記されていないのが残念。しかも高額・・・。
結局、どうしたらいいのか迷いまくり。
林先生に限らず、獣医さんに相談すれば某大手メーカーの療法食を勧めるのがほとんどだし。
ナチュラルハーベストで体調も良好だし、心臓ケアのサプリを利用したほうがエエんかもな〜。

しばらく悩む日々が続きそうやわ・・・。
IMG_0041_201704141739136b8.jpg
今のところ調子はいいのぢゃ。
とりあえず、最近のでんじぃは元気に過ごしてま〜す♪
ご心配おかけしました。

イベント情報
好評につき第二弾決定!
5月19日(金)13時〜
『第2回ドッグラン郊外学習〈アジリティイベント〉』
茨木市のドッグラン「ぷらすわん」にて開催
予約受付中!

さらに!
5月6日(土)・7日(日) 11時〜
アミーゴ箕面店にて
『GWスポーツフェスティバル』開催決定!

詳細はDog.2.BeのHPをチェック → コチラ
お問い合わせ&お申し込みはアミーゴ箕面店まで
072-749-3550


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

でんじぃWorld TB:0 CM:0 admin page top↑
<<桜に誘われて * HOME * JJ SAKURA>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/3061-4e2290d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *