プロフィール [油断大敵!?] by いつも一緒に・・・
油断大敵!?
2017年03月14日 (火) | 編集 |
心臓の薬と利尿剤で投薬治療を続けているでんじぃ。月1回は必ず林先生に状態を見ていただきながら、薬の量を調整してきた。
先日の診察の際、もう腹水はすっかりなくなったし、腎臓の負担を考えて利尿剤をストップしてみようということに。

思えば、引き取った当初はこんな体型だった・・・。
DSC01242.jpg
全身むちむち・・・。
横から見たときは・・・
DSC01289_20170313222023b0f.jpg
お腹たっぽたぽ。
そして最近の体型は・・・
DSC03270_201703132220242aa.jpg
顔からお腹までスッキリしたよ。毛質も良くなったし、前脚の肘の部分、いわゆる「座りダコ」もきれいになった。
上から見ても・・・
DSC03309.jpg
ウエストくっきり! 毛並みもホンマに良くなった。
心疾患が完治するということはないけれど、このまま体調をキープできればいいな。

と、喜んでいたら。
先日なぜか突然の激しい咳込み。ほぼ一日中、断続的に激しい咳が続いた。引き取って間もない頃の咳込みと同じような感じ。
寝起きが特にひどくて、長いときは2、3分咳が続くことも。
外気に当たっても咳き込まないし、楽しそうに走っているときも咳が出ることはない。
腹水もなくなったから気管が圧迫されて・・・ということでもないのに。
なぜだ〜?
2日目、3日目と咳が悪化する気配がないからよかったけれど・・・。念のため、林先生から即効性の高い咳止めシロップをいただいた。
DSC03346.jpg
ブトルファノールという成分の鎮咳薬。ひどい咳が出てなかなか止まらないときに1ml投与。今はもう咳がほぼ治まったので使ってないけど、持っているだけで安心かも。
IMG_0545.jpg
もう大丈夫ぢゃ。
利尿剤をストップして様子を見つつ、近いうちに血液検査もしてもらおう。もし咳がまた悪化するようなら、レントゲンやエコー検査も必要になる。ワンコは言葉で伝えてくれないから・・・日々の観察で細かい変化を見落とさないように気を付けよう。

それにしても、あの突然の咳はなんやったんやろ〜?

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック