WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 検査
FC2ブログ
7月13日のブログにも書きましたが、愛護センターでの保護直後のでんじぃの血液検査では・・・
BUN(尿素窒素)高め → 腎臓機能の低下、甲状腺機能亢進症(クッシング症候群)の疑い、など
TP(総タンパク量)低め → 肝機能の低下
ALB(アルブミン)低め → 肝機能の低下
GPT(肝臓の数値)高め → 肝炎の疑い

という結果だった。
(血液検査を何項目分実施したかは不明)
さらに、心雑音あり。

引き取って2日目に、林先生に血液検査をお願いしたところ・・・
BUN(尿素窒素)/保護時34.6mg/dl → 今回26.1mg/dl(基準値は8.2〜33.8)
TP(総タンパク量)/保護時4.8g/dl → 今回4.3g/dl(基準値は5.1〜7.9)
ALB(アルブミン)/保護時2.3g/dl → 今回2.3g/dl(基準値は2.6〜4.2)
GPT(肝臓の数値)/保護時106U/l → 今回43U/l(基準値は13〜77)

という結果に。
※検査機関や検査機器により基準値に違いが出る場合もあります。
ほかは大きな異常なし。
腎臓は正常だった。おそらく、保護時に一時期脱水気味だったのかも?
ただ、やはりタンパク量が少ない・・・保護当時から下痢が続いたり、腹水があったりするのは、低アルブミン血症だからか・・・?

次に、腹水のチェック。
初めて会いに行ったときに「お腹ポンポコやん」と感じていた。コレがホンマに腹水なのか、ただのデブ(脂肪)なのか、何か内臓疾患による臓器の腫れなのか・・・ハッキリさせとかんとね。
DSC01414.jpg
林先生がポータブルタイプのエコー検査機を持って来てくださいました。
エコー検査の結果、やはり腹水が溜まっているとのこと。内蔵を圧迫しているし、とりあえず200cc抜くことに。
DSC01418.jpg
麻酔無しで針を刺し、シリンジで吸い上げる・・・。
DSC01419_20160727141711e8b.jpg
寝てます。エコー中も腹水を抜いている間も、まったく動じず。
DSC01410_20160727141713d9c.jpg
ぼくのほうがコワイです・・・。
何もされていないCharoが落ち着かないって、どういうことだ?

200cc抜いても腹水はまだ残っているし、脚のむくみも出てきていた。
DSC01473_201607271417141cf.jpg
どういうわけか、右だけムチムチ。
最近の食欲がイマイチなのも、腹水で内蔵が圧迫されていたからかな? 今後は利尿剤を投与して腹水やむくみを取ることになる。

そして翌日、林先生ふたたび。とりあえずCharoは甘えときなさい。
DSC01457_20160727141756439.jpg
しぇんしぇ〜♪
この日は、レッスンの空き時間に移動して、先生がお手伝いに行っている動物病院へ。
DSC01428.jpg
先生の車が乗り心地よくて、でんじぃはまったり・・・。ちなみにCharoは教室のクレートでお留守番〜。
DSC01376_2016072714175943d.jpg
置いて行かれました。

保護当時から心雑音があったため、病院では心エコーとレントゲンで心臓の状態をチェック。
エコーの結果、右心室がかなり肥大していて、心房と心室をつなぐ弁が左右ともボロボロ、血液逆流しまくり。右心室肥大に伴って肺動脈も肥大化・・・コレはフィラリア症で見られるレベルらしいけど、フィラリアは陰性。右心室が左心室と同じ大きさまで肥大しているのは珍しいと言われました。診断名としては「右心不全」。腹水もコレが原因だろうとのこと。また、各臓器に満足に血液が回らないから、肝臓も弱ってくるし、その結果として低アルブミン血症が起こっているとも考えられる。
念のためのレントゲンを見せていただくと・・・
DSC01430_201607271418009aa.jpg
素人目で見ても、心臓デカっ! 以前、異常のないアッシュの心臓もレントゲンで見ているから、大きさの違いがよくわかる。心臓肥大により、気管の一部が押されて(↓のところ)気管虚脱気味になっていて、そのため、ときどき咳が出るんだね。
でんじぃの過去約10年間の生活を知らないから何が原因かわからないけど、これからは悪化させないように気を付けながら生活をしなくちゃ。

今回の検査で、とりあえずの投薬方針が決まりました。
★心臓の働きを助けるための薬(血管拡張・降圧剤)「ベナゼプリル」1/2錠×2回/一日
★腹水・むくみを取るための薬(利尿剤)「トラセミド」1錠×2回/一日
★下痢を抑えるための薬(ステロイド)「プレドニゾン」1/2錠×1回/一日

まずは二週間投薬して、また林先生にチェックしていただきます。心臓が“治る”ということはないので、「ベナゼプリル」は今後ずっと投薬を続けることになりそうです。

DSC01436.jpg
でんじぃ、お疲れみたいです。
教室に戻ると、すぐに爆睡。検査いろいろお疲れさんでした。

心臓には負担をかけられない・・・でも、ある程度の運動を続けないと足腰が弱って寝たきりになってしまう・・・動かないと循環も悪くなるから内臓の働きも衰えてしまう(コレはアッシュで経験済み)。加減が難しいですが、ときどき検査を受けながら、無理せず楽しい生活を目指そうね。

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト




【2016/07/30 00:00】 | でんじぃWorld
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック