WIKIレンタル いつも一緒に・・・ Charoと初旅行《鍾乳洞》
Charoと初旅行《鍾乳洞》
2016 / 05 / 14 ( Sat ) 00:00:57
「ひるがの高原SA」を後にして、向かったのは大鍾乳洞。
IMG_4785.jpg
広報部長がチケットを買いに行っている間に、観光客の若いおね〜さんたちが5人ほどCharoめがけて近寄ってきました。これはチャンス! Charoが元野良犬でトラウマがあることを説明したうえで「どうぞ遠慮なく触ってやってください♪」とアピール。
「おとなし〜い♪」「かわいい〜♪」
と、しばし(普通ならば)パラダイスな状態。
IMG_4637.jpg
囲まれた・・・逃げられなかった・・・。
いい経験ができたね〜♪
コレは通称「曝露法」と呼ばれる行動療法。ドSな斎藤トレーナーは「曝露法」が好き♪ それほどSじゃない方には「系統的脱感作法」がおすすめです。いずれもトラウマ克服に効果がありますが、専門家の指示が必要なのでみなさんはむやみにチャレンジしないでくださいね。

では、いよいよ鍾乳洞内へ。
IMG_4647.jpg
Charo、行くでぇ〜♪  ・・・こわくない?
ここは、鍾乳洞としては日本一の標高(900m)にあって、鍾乳洞内は全長約800m。以前アッシュと来たときには鍾乳洞を抜けるまでに40分以上かかったと思う。
IMG_4650.jpg IMG_4659.jpg
入ってすぐに幻想的な雰囲気に包まれる。この日は思った以上に観光客が多くて、ゆっくり見られない&Charoビビリまくり(笑)
IMG_4662.jpg
また囲まれた・・・。
狭い鍾乳洞内だから逃げ場もなく。斎藤トレーナーの左横にぴったりついて歩いたり立ち止まったり・・・いいトレーニングになったね〜♪
IMG_4666.jpg
きれ〜だぞぉ〜♪
自然の造形がライトアップされていて、どこを見ても感嘆の声しか出ません。でも、やはり例年より気温が高いからか、上から滴り落ちる水滴が多かった・・・。
IMG_4726.jpg
アッシュには登れなかった急な梯子段もCharoなら平気。おかげで、アッシュのときとは違った楽しみ方ができたよ。
突然、近未来的な渡り廊下が!
IMG_4693.jpg
5年前にはなかった。お年寄りやお子さんたちも訪れるだろうから歩きやすくするのはいいんだけど、せめてライティングはもうちょっと渋目のほうがよかったのでは・・・?
IMG_4697.jpg
なんかヘンな感じ。
ゴツゴツした岩肌と薄暗〜い照明がいいのに・・・。

Charoと歩いたら約30分ほどで踏破できた。アッシュとは歩くスピードも違うからね〜。
体が冷えたので、温かい甘酒でほっこり。
IMG_4751.jpg
Charoはテーブル下に「ハウス」で待機。
IMG_4758.jpg
いつも教室でやってるから違和感なし!
ついでに、みたらしだんごも食べて・・・
IMG_4791.jpg
まだ美しく咲き誇っていた枝垂れ桜も楽しめた。
IMG_4765.jpg
今回の鍾乳洞も、いい思い出になったね。
IMG_4764.jpg
おーっ♪

では、お宿へGO!

            
6.jpg
ごっつうなくてもえぇねん、ちっこいことでえぇねんから、自分やれることをやっていこな!
            

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

飛騨高山2016GW TB:0 CM:0 admin page top↑
<<Charoと初旅行《お宿編》 * HOME * Charoと初旅行《軌跡をたどって》>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/2723-97dce012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *