プロフィール [No Regrets] by いつも一緒に・・・
No Regrets
2016年03月09日 (水) | 編集 |
アッシュが亡くなってから二週間。
お見送りの日までに、スタッフや生徒さんたちからたくさんのお花をいただきました。
DSC00514_201603072207542f0.jpg DSC00516.jpg
祭壇に乗せきれないほど。
その後も、ブログでアッシュの訃報を知った生徒さんたちから続々お花が届いております。
DSC00552_201603072207572b0.jpg DSC00559.jpg
DSC00523.jpg DSC00530.jpg DSC00560.jpg
アッシュの死を悼んでくださってありがとうございます。アッシュは(斎藤トレーナーも)ホンマに幸せモンだね〜。



アッシュが完全寝たきりになってから亡くなるまで、8ヶ月と8日。(あら? 八と八・・・末広がり?)
ほとんどの時間をアッシュの介護に使っていたので、アッシュが亡くなってからしばらくは時間を持て余していた。習慣というのはおそろしいもので・・・アッシュにご飯をあげていた時間になると、なんとなく落ち着かない。排泄の時間になると「何かしなくちゃ」という気分になる。アッシュとの生活リズムがここまで染み付いていたとは。

アッシュはずっとキッチン前にいた。
IMG_3983.jpg
なにかと世話をしやすい場所だったから。アッシュも、この場所が好きだったしね。
DSC00519.jpg
今はすっかり広くなっちゃった。それなのに、アッシュのベッドを片付けてから数日は体が習慣通りの動きをしていた。
DSC00520.jpg
ほぼ無意識に、ベッドがあったところを迂回してキッチンに出入りしてた斎藤トレーナー。気付いた時には思わず笑ってもーたわ。アッシュにも笑われてるかもね。

どんなに最善を尽くしても、誰もが何かしら後悔すると思う。
ボビーに対しては後悔だらけだった。離れて暮らしていたので何もできず、最期に立ち会うこともできなくて、「何もしてあげられなかった自分」に腹を立てながら、ボビーの死の辛さを克服するまでに約12年かかった。
アッシュに対しては、人間のエゴかもしれないけど、ボビーの分までできる限りのことをしようと誓った。結果、最期まで斎藤トレーナーにできることを可能な限りやって、自分の手で看取ることができた。
だから「やれなかった(やらなかった)後悔」はない。
でも、介護に関しては知らないこともまだまだあるから「もう少し何かできたかもしれない後悔」はちょこっとだけあるかも。

斎藤トレーナーの兄が言いました。
「アッシュは最期まで奇跡のような犬だったな。
何かのパワーをもらってこの世に再来(※)したのだろう。
ボビーの場合、終わり近くがあまり世話してやれなかったはずだから、
それをさせるためというのもあったような気もするよ。」

斎藤トレーナーも、そんな気がします。
※兄も斎藤トレーナーもアッシュはボビーの生まれ変わりと信じているので「再来」という言葉を使っています。

DSC00213_20160307220917118.jpg
一緒にがんばったっちゅーことや。
うん、斎藤トレーナーにできることはやった。アッシュもがんばってくれた。だから、これからもがんばれるよ。ありがとうね。



「いざ」というときに慌てないように、後悔しないように・・・
みなさんにおすすめしたいコトやモノ。

★病院・獣医
電話で相談できる病院や獣医さん、診察時間外に電話したり連れて行ける最寄りの救急病院、これらの情報は家族全員で共有できるようにしておきましょう。
斎藤トレーナーが頼っている林先生のように、往診してくださる獣医さんを調べておくのもおすすめです。
★薬
病院から薬を処方されたら、種類・名前・副作用などを獣医さんに確認して、いつ投与したか・投与期間・副作用が出たかどうかなどの記録をつけておきましょう。
★排泄
オシッコやウ◯チの量・ニオイ・色など、いつもと違う点に気付いたらすぐに記録を。食べた物や生活リズムなども併せて記録しておくと、異常かどうかの判断に役立ちます。
ちなみに、自分の日記や家計簿は三日坊主で終わるほど根気のない斎藤トレーナーですが、アッシュの日記だけは最後まで継続しました。
DSC00569.jpg
主に、食べた物(種類・量・カロリー)、排泄タイミングと状態、外出の有無や寝ている時間などなどを記録。薬やサプリも記入します。ほかにも、気付いたことは何でも書きました。

★推薦図書
「イラストでみる犬の応急手当」
講談社(大型本)4,104円

ぜひ、ご参照ください。

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 ほんとに習慣っておそろしいと思います。 
我が家の先代コーギーのミューは糖尿病を患っていたので、毎朝病院にインスリンをうってもらいに通っていました。大雨でも雪が降っても…糖尿病とわかり、インスリン治療をしなければ1ヶ月持たないと言われ。。。うちかたは教えるので自宅でうっても大丈夫だと言われましたが、うちのミュー何故か病院が好き、先生もスタッフの皆さんも大好きで…本音を言えば家でうって私がミューに嫌われたくなかった (笑)
 そのミューが3年弱のインスリン治療の末亡くなった後の喪失感(その間にも後足が動かなくなり犬用車イス生活にもなりました) 毎朝の病院、毎夕の車イスでの散歩 その時間の過ごし方がわからない。
 しばらくは外に出ることも嫌でした。
あらっ、ワンちゃんは❓って声かけられるのもわかってましたし
 しばらくして、声かけてくださる方に亡くなったんですよって答えると、そうなの…でもワンちゃんも幸せだったわよ。毎日の病院、車イスでの散歩 なかなかそこまでやってあげられないもの,,,,, そう言われれば言われるほど辛かった。

 それでも、他にやってあげられることはなかったか?他に何か命を繋ぐ方法があったのではないか? ひたすら後悔の日々でした。かかりつけ医を代えれば? 現実には病院を変わるのは無理だったでしょうけど。ストレスで良くなることはなかったでしょうし。 

 そんなこんなでもう犬は飼わない!!って決めたはずなのに、ミューが亡くなって1年が過ぎた頃、またコーギーが我が家へ。 やっぱり我が家はコーギーなんですよね⤴⤴
 ミューの送りかたも全然きちんとできてなかったけど(斎藤トレーナーさんのブログをみてビックリしました) 自己流で送り、3年たった今もお骨に毎朝お水とお花を供えて手を合わせています。 それが正しいかはわからないのですが、私が元気なうちはそのままでいたいと思います。居なくなるとさみしいので♥

斎藤トレーナーさん、アッシュくんに伝えてください。ミューというコーギーが居たら遊んでね。お犬さまで甘やかし放題だったから、わがままいうかもしれないけど…そしたら関西弁でアカンって叱ってやって。  お願いします 笑
2016/03/09(Wed) 11:35 | URL  | コーギーらぶ #4PB6.m6w[ 編集]
わかります!!ほんとに習慣になってるんですよね。
私もあずきの先代の犬は半年ほど闘病生活をしたので、そのときの習慣がしばらく続いてました。
私や家族の不勉強で病気にさせてしまったので、あずきはそんなことの無いようにと、ちょっとの変化も見逃さないようにしてます。
ブログもその一環かもしれない(最近サボってますが)
アッシュちゃん、「アツ吉」という黒いミックスがいたら仲良くしてやってほしいなあ。もう生まれ変わってるかもしれないですけどね。
2016/03/09(Wed) 13:54 | URL  | かおりん #-[ 編集]
コーギーらぶさんへ
やはり、一度でも愛犬を見送った経験のある方は、
ある程度の習慣が残るんですね〜。
おそらく、看病や介護が続いた場合はとくにそうじゃないかと思います。

ミューちゃんも、コーギーらぶさんもがんばったんですね。
看病も介護も見送り方も、絶対にひとつじゃないですから・・・。
100組のワンコ&飼い主がいれば、100通りのやり方・飼い方があります。
自分なりに、その時、できる限りのことをやったのであれば、
それがその家族の正解ではないでしょうか。
私とアッシュのケースも、
他の経験者から見たら「なっとらん!」っていう内容かもしれないし。

ただ、後悔して「ごめんね」って言い続けるより、
納得できる結果で「ありがとう!」って言い続けたいです。
私の場合、ボビーに対しては前者でした。
でも今は、アッシュとボビー両方に「ありがとう!」って言えてます。

アッシュはどんなワンコでも受け入れますが、
必要とあれば教育的指導もできますので、
ミューちゃんがワガママ言ってきたら一喝するでしょう(笑)
ご安心くださいね。
2016/03/09(Wed) 18:14 | URL  | 斎藤トレーナー #-[ 編集]
かおりんさんへ
あ〜、やっぱりかおりんさんもそうでしたか!
私はまだアッシュを亡くして二週間ですので、
もうしばらくヘンな習慣は残るでしょうね。
外出しても「早く帰らねば!」という気持ちがなくなりません・・・。

前の経験は今に活かせます!
あずきちゃん、幸せやね〜♪
元気に長生きしてほしいわ。

「アツ吉」くんは黒いミックス!?
私が会いたかったわ〜♪
生まれ変わってあずきちゃんになった・・・ってことはないですか?
2016/03/09(Wed) 18:17 | URL  | 斎藤トレーナー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/09(Wed) 22:00 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
おっしゃるとおり、難しい問題です。
私も考えなかったワケではないんですよ。
相手が人でも犬でも、
残される身としては、一日でも一瞬でも長く一緒にいたいワケで・・・。
「そのとき」にどういう決断を下せるか。
なにが最善か。
数学のような答えはきっと出ないと思います。
でも、それを真剣に考えることが大切ではないでしょうか。
そして、いつか「そのとき」が来たとき、
悩みながらも出した答えは納得できるはずです。
「やらなかった後悔」よりも「やった後悔」のほうが納得できますから。
って、哲学的になっちゃいますね〜(苦笑)

アッシュに伝言を伝えておきま〜す♪
出会えるといいな〜。
2016/03/09(Wed) 23:21 | URL  | 斎藤トレーナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック