WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 初七日です
初七日です
2016 / 03 / 01 ( Tue ) 00:00:24
アッシュの初七日を迎えました。
ブログコメント、メール、教室で、たくさんの方から温かいメッセージとアッシュへの想いをいただきました。初七日をひと区切りとして、少しずつ気持ちを切り替えていきたいと思っています。
アッシュを気にかけてくださって、斎藤トレーナーの心配もしてくださって、本当に、本当に、ありがとうございました。




このあと、遺体の写真を載せます。ショックを受けられる方はご遠慮ください。







2月27日(土)
前葉トレーナー、営業部長、JUDY&JOYが横浜から駆けつけてくれました。
DSC00500.jpg
JUDY同様、我が子のようにアッシュを愛してくれた前葉トレーナー&営業部長。パピーのときからアッシュと一緒にいろんな体験をして大きくなったJUDY。アッシュもきっと会いたかったと思います。来てくれてありがとう。
DSC00511.jpg
JUDYは何か感じてるかな? 部屋のあちこちに置いてあるアッシュの物のニオイも嗅いでたね。
IMG_4086.jpg
JOYはあまりアッシュとの接点はなかったけど、ニオイは覚えているよね。

2月28日(日)15時30分、箕面ペット霊園にて荼毘に付しました。“晴れ男”のアッシュは、この日もいいお天気にしてくれた・・・さすがです。
IMG_4105.jpg
斎藤トレーナー&広報部長と一緒に、前葉トレーナー&営業部長、箕面スタッフのポッシュママ&コタローママがアッシュを見送ってくれました。
IMG_4102.jpg
昨日の前葉トレーナーのブログタイトル通り「行ってらっしゃい」という気持ちです。時間ギリギリまでアッシュに触れていました。たくさんの感謝と「愛してる」の気持ちを込めて。

家に帰ってから、以前アッシュのクレートがあった場所に祭壇を設けました。
DSC00517_20160229185506729.jpg
おかえり、アッシュ。部屋のどこにいても見える場所だから、いつでもアッシュに話しかけられます。
ペンダント&キーホルダーのロケットにアッシュの被毛と爪とお骨を入れて身に付けることにました。
DSC00522.jpg
外出するときも常に一緒。もう、アッシュの状態を気にしながら出かけなくてもよくなるね。

これから、少しずつアッシュのことを綴っていこうと思います。

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

アッシュの介護 TB:0 CM:12 admin page top↑
<<大阪へ * HOME * 行ってらっしゃい>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

アッシュは最期は眠るように逝ったのかな

穏やかな顔をしてる…



縁あって組長に保護されて、そのまま組長んちの子になって、いっぱいの愛情をもらって、最期の時を迎える時まで大切にしてもらって、ほんとに幸せだったと思うよ

おかんもアッシュとの思い出はいっぱい

教室で一緒に遊んだり、ドッグランで遊んだり、六甲に遠足に行ったり、豊中教室の近くの公園で遊んだり、幕張メッセにもクレアの応援に来てくれたり…

いっぱいいっぱいありがとう

by: レオクレのおかん * 2016/03/01 01:14 * URL [ *編集] * page top↑
 

アッシュ本当に安らかで、幸せうな顔してる!

組長や広報部長、マザーや営業部長、ジュデぃチャロジョイに見送られ良かったね~
皆に愛されたアッシュだったよ~

私達、生徒生徒犬からもありがとう!

組長とアッシュはこれからも“いつも一緒“だね~
また、教室にアッシュに会いにいきます!

by: レンママ * 2016/03/01 11:23 * URL [ *編集] * page top↑
 

穏やかな顔ですね。
アッシュの、ニコニコ顔が、思い出されて、ただただ、涙がでます。アッシュゆっくり休んでください。

斉藤トレーナーも、お疲れ様でした。
by: はづきママ * 2016/03/01 16:19 * URL [ *編集] * page top↑
 

レオクレのおかんへ

理想は、まったく苦痛もなく眠るように逝く・・・
なんだけど、
残念ながらそう簡単ではありませんでした。
最期はちょっとしんどかったみたい。
しんどいのが短時間だったのは救いかな。

でも、安らかな寝顔でしょ?
だから、アッシュも納得してくれたんだと信じてます。

今ごろは抱えて行ったオヤツ食べてるかな?
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/01 19:37 * URL [ *編集] * page top↑
 

レンママへ

最期の顔が、こういうスッキリした安らかな顔でよかった♪
近くで見ていても、寝てるようにしか見えなかったよ。

自宅で、一緒にいるときに看取れたのは幸せだと思います。
アッシュも安心して逝ってくれたと信じてますよ。
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/01 19:41 * URL [ *編集] * page top↑
 

はづきママさんへ

コメントありがとうございました。

アッシュの笑顔を覚えてくれているだけで、
アッシュも私も幸せです♪
また教室に遊びに来てくださいね。
私も社会復帰がんばりますから!
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/01 19:45 * URL [ *編集] * page top↑
  アッシュ君とこれからはずっと一緒ですね

いつも見ていました。
アッシュ君とは1回しか会えなかったけど
ブログを通していつも見ていました。
間際の際に一緒にいてもらえてアッシュ君はよかったなぁって、思いました。
最期のときに一緒にいてあげれるのって
なかなか叶わない時もありますからね。
コメントなんかしてすみません。
これからも影ながら応援しています
by: 匿名でお願いします * 2016/03/01 23:49 * URL [ *編集] * page top↑
 

匿名希望さんへ
コメントありがとうございました。

って、どなたかしら〜・・・(^o^;)
アッシュに1回しか会ったことがない方・・・うーん。
いつか、どこかで正体を明かしてくださいね。

いつも陰ながら応援してくださったようで、
本当にありがとうございました。
これからもブログにはアッシュが登場しますので、
またチェックしてくださいね。
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/02 11:15 * URL [ *編集] * page top↑
 

アッシュくん、とっても凛々しいお顔ですね。

実は以前お話ししたうちの実家のワンコは一足先に去年の年末に旅立ちました。17歳でした。(16歳と思っていたんですけど、よく考えたら17歳でした。。。苦笑)
もしかしたら、今頃アッシュくんに会ってるかもですね?

うちは田舎で犬なんて外で飼うのが当たり前で特に猫可愛がりされた子ではなかったのですが、姉の意思で最後はちゃんとペット霊園で火葬してもらい、散骨できるように骨を加工してもらい、マックが大好きだった砂浜に撒いてあげたそうです。

斉藤トレーナーさんもこれからもずっといつもアッシュくんと一緒ですね!

まだまだ時間はかかると思いますけど、チャロくんも一緒にこれからも頑張ってください!!
応援しています!!
by: ゆみ。 * 2016/03/03 21:42 * URL [ *編集] * page top↑
 

久しぶりにブログを見たら悲しいお知らせを知りました。うちの子たちはどっちも極端に他の犬と交流するのが難しいのであんまりアッシュと仲良くできなかったですがご冥福をお祈りいたします。

実はアッシュが亡くなる2日前に私も最愛の主人が旅立ちました。少し気持ちが落ち着いてやっとブログなど見る余裕ができて訃報を知りました。
愛情あふれる家族だったからこそ悲しいけれども前にすすめると思っています。斎藤先生もアッシュの分まで頑張ってくださいね。
by: はなりくママ * 2016/03/03 21:56 * URL [ *編集] * page top↑
 

ゆみ。さんへ

ゆみ。さんのところも、ワンコを見送っていたのですね。
アッシュと同じく17才だったとは・・・。
あっちで会えるかな?
ご冥福をお祈りいたします。

散骨・・・考えなくもなかったのですが、
結局、手元に置くことにしました。
ロケットを身に付けて、
今後はアッシュとCharoと一緒に、また旅行をしたいと思っています。

今後も、ときどきブログにアッシュが登場します。
Charoも見守ってやってくださいね〜。
よろしくお願いいたします。
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/03 22:40 * URL [ *編集] * page top↑
 

はなりくママさんへ
コメントありがとうございました。

はなりくママさんも、大変だったのですね。
知らなかったこととはいえ・・・
遅ればせながら、ご主人のご冥福をお祈りいたします。

私も平日のレッスンに復帰します。
やれるだけのことをやってアッシュを見送ったので、
気持ちの切り替えも早くできたような気がします。
また教室でお会いしましょうね♪
by: 斎藤トレーナー * 2016/03/03 22:44 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/2647-739710d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *