プロフィール [初・・・] by いつも一緒に・・・
初・・・
2016年01月06日 (水) | 編集 |
年が明けてしばらくは、いろんなところで「初◯◯」という言葉が聞かれます。

斎藤トレーナーは、今年初どころか人生初の「あること」をやらかしました。

それは・・・

深爪で〜す!

自分のならまだしも、アッシュの爪〜!

以前はサロンでシャンプーついでに、寝たきりになる少し前からは元トリマーのだんごママに、アッシュの爪切りをお願いしていました。寝たきりになってからは斎藤トレーナーがやってましたが、今までうまいことできてたんやけどね〜。
DSC00154.jpg
今回めずらしく出血・・・。以前飼っていたボビーも真っ黒い爪だったけど一度も失敗しなかったのにな〜。悔しい。
DSC00156_20160105012458e45.jpg
ぐごがぁ〜!
爪切り中はもとより、深爪されても爆睡中・・・ありがたいわ〜。
まずは出血を止めたい。「止血剤」なんて持ってませんが、こんなときに役立つのが、コレ↓
DSC00161.jpg
どこのご家庭にもある「小麦粉」(片栗粉でもOK)が止血剤代わりになります。
※小麦アレルギーのあるワンコは注意が必要です。
斎藤トレーナーは、焦らず騒がず、アッシュの爪に小麦粉まぶし。
DSC00153_20160105012501f24.jpg
出血はあっという間に止まりましたが、念のためバンソウコウで保護。
DSC00158.jpg
はぁ〜、よー寝た♪
小麦粉まぶして、バンソウコウ貼って、前足きれいにして、周りを片付けて・・・すべてが終わってから目覚めたアッシュ。知らぬが仏・・・。

爪切りのときはヤスリもかけるので片付けやすいようにいつもトイレシートを敷いています。そのおかげで、今回はどこにも血が付かなかった。ほっ。

数時間後、まだ赤みは残っているけど傷は塞がってました。
DSC00162_2016010501252378e.jpg
黒い爪のワンコは難しい・・・。みなさんは無理しないでプロに任せてくださいね。

今年の目標その1「二度と深爪・出血のないように気をつけること」

箕面教室は1月7日(木)よりスタート!
藤沢教室は1月20日(水)よりスタート!(予定)
詳しくは Dog.2.Be のHPのカレンダーをご参照ください


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
  遅くなってしまいましたが…

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
 ブログも楽しみにしています。
 
 ところで、止血剤は小麦粉や片栗粉で良いのですね~ 初耳です。

 先代犬は散歩で上手に爪が削れていたらしいのですが、バロンはそうでもないらしく(^_^;) 動物病院やトリマーさんにお願いしています。 うちのバロンの爪を家で切ることはできないでしょうねぇ⤵⤵ くすぐったいんだか嬉しいんだかわからないけど体を触ろうとするとガウガウ言ってひとりで大騒ぎ(笑) バロンが寝てる間に肉球の毛を切ろうとしても何故か目覚めて切らせてくれないんです。なんでかな~!? そんなにデリケートじゃないと思うんだけど ( ̄^ ̄)
 
 それにしても 止血に片付けが終わった頃目覚めるなんて…やっぱりアッシュくん 大物だぁ♪
2016/01/06(Wed) 23:02 | URL  | コーギーらぶ #4PB6.m6w[ 編集]
コーギーらぶさんへ
あけましておめでとうございます!
今年も楽しいワンコライフを♪

深爪のときには小麦粉等を使ったりしますが、
普通のケガの場合はおすすめしません・・・。
アッシュも、あのあとちゃんと消毒しました。
舐めちゃう子の場合は靴下をはかせたりする必要もありますね。

バロンくんが大騒ぎしちゃうなら、無理しないでプロに任せましょう。
いずれ爪切りにチャレンジしたいなら、
今から少しずつ足先や爪を触ることに慣らしていけばいいですよ。

ワンコにとって足先はとくに敏感な部分のひとつです。
「センサー」のような役割もしますからね。
デリケートなんです・・・実は。
寝ていても起きちゃいますよ〜。
ただ、触られることに慣れてくればへっちゃらです。
アッシュも前足先がとくに敏感でしたが、
日々慣らしていった結果、現在のような“大物”に・・・(笑)
バロンくんも目指せ、大物!
2016/01/07(Thu) 00:41 | URL  | 斎藤トレーナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック