WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 「元気」の表現方法
「元気」の表現方法
2015 / 09 / 10 ( Thu ) 00:00:26
先日の教室で、「アッシュ、元気ですか〜♪」と生徒さんから誕生日プレゼントをいただきました。
DSC08987.jpg
アッシュの健康を気遣って、保存料・添加物不使用のヘルシーレトルトフード&ヒマラヤチーズスティック。
DSC08983_2015090921163943c.jpg
わはわは〜ありがとね〜♪ 早く会えるようにがんばるぅ〜♪
ほかにも、たくさんの生徒さんや“アッシュファン”の方たちがアッシュのことを応援してくださいます。アッシュは幸せものだね〜。本当にありがとうございます。

さて、そんなアッシュは寝たきりながらも元気なのです。

普通、元気なワンコは、どうやって元気を表現しますか?
→おもちゃで遊びまくる
→外で(室内も?)走りまくる
→飼い主さんに「遊んで攻撃」を仕掛ける

などなど、ですよね。

では、寝たきりだけど元気なアッシュの場合は、どうやって元気を表現するのでしょう。

一番元気なのは、排泄要求のときかな〜。教えてくれるのはありがたいけど、よーしゃべります。そしてアッシュなりの段階があるのでした。
DSC08979_20150909175253f84.jpg
あぅ〜・・・はぅ〜・・・わぅ〜・・・

和訳)あー、なんだかオシッコ出そうだな〜。出るかもな〜。
※この時点で、たいてい斎藤トレーナーはオムツを外してあげてトイレシートを敷きます

ぅわぅん・・・ぅわぅん・・・ぅわぅん・・・

和訳)出るよぉ〜。出ちゃうよぉ〜。出るからね〜。

わんっ!・・・むー・・・わんっ! わんっ! わんっ!

和訳)出たーっ! 出たっちゅーねん!
(えーから、静かに出して・・・)

DSC08980.jpg
わんわんわんっ! わんわんわんっ! わおーっ! わんわんわんっ!

和訳)出たって言うてるやん! 早う取り替えてんかーっ! 気持ち悪いねんっ!

立ってオシッコができないし、膀胱の筋力も落ちているので一度に全部を出しきることはできません。短時間で出しきることもあるし、少し時間がかかることもあります。

ぅわぅん・・・むー・・・むー・・・ふ〜・・・

和訳)はぁ〜、出た出た。全部出たかもぉ〜。

仕事とか、やらなアカンことがあるときにコレが始まると、もぉ大変! いわゆる「アッシュ語」の理解が不十分だったときには意味がわからず、オムツを汚しちゃうことも多かったし、何を伝えたいか理解しようと焦ることも多かった。最近は「はいはい、おじぃちゃん、今度はなんですか〜? オシッコですね〜。はいはい、今やりますよぉ〜」と、すっかりヘルパーさんの境地に。
H27-09-07.jpg
えへへ〜、すっきり〜♪
この笑顔は罪やわ。
最終的にこんな顔で笑ってくれてたら、こっちも笑顔になっちゃうからね。介護のしんどさも吹き飛ぶってもんだ。
元気なら、ま、エエか〜♪

====================
実は、「元気の表現方法=吠え」というのは、寝たきり老犬だけに限らないことをご存知ですか?
子犬も若い犬も、散歩や遊びやコマンドに従う習慣などで頭と体を使っていないと、余ったエネルギーが吠えとして出てしまうことが多いのです。
もしも「吠え癖」でお悩みの方がいらっしゃったら、頭と体をちゃんと使っているか、ストレスがないか、まずは生活習慣を見なおしてみてくださいね。
====================

イベント情報
9月13日(日)
アミーゴ箕面店にて 「防災セミナー&しつけ相談会」 開催
予約受付中!!
お申し込みはアミーゴ箕面店まで
072-749-3550
詳細はDog.2.BeのHPをご覧ください


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

アッシュの介護 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<箱の中身 * HOME * Happy 9th Birthday to JUDY! 《爆笑編》>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

アッシュ君は長生きしますね!
表情も豊かだし!
サカタは全然そんなこと教えてくれませんよ。
これから教えてくれたりするのかな?(笑)
by: サカママ * 2015/09/10 14:09 * URL [ *編集] * page top↑
 

サカママさんへ
まさかアッシュがこんなに「お知らせ」するようになるとは。
全然予想していませんでした。
元気だった頃は全然そんな子じゃなかったのに。
動けないっていうのが、きっかけかもしれませんね。

サカタくんは動けているから、
「自分でできる感」があるのではないでしょうか?
歩ける時は(大変なときもあると思いますが)
どんどん歩いてもらいましょうね〜。
by: 斎藤トレーナー * 2015/09/10 17:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/2469-7546c4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *