プロフィール [寝場所の哲学] by いつも一緒に・・・
寝場所の哲学
2015年05月21日 (木) | 編集 |
まだ肌寒さが残る少し前までは、アッシュはハウスの中にすっぽり入って寝ることも多かった。
DSC08064.jpg
ちょっとずつ暑くなり、クールベッドを用意してからはハウス内半分、クールベッド半分の寝方をしてた。
DSC08131.jpg
アッシュなりの眠りのこだわりがあるんやろけど・・・。
また、暑くなっても小ぢんまりと丸まって寝たいこともあるようで、そんな時はカートが活躍。
DSC07954.jpg
カートで寝たい時の見極めが難しい。「カートで寝たい!」と伝えてくれるけど、犬語は難しいので見当違いでベッドに連れて行くと「ちゃうわーっ!」と文句が出る。まったくもぉ〜気難しいじぃじになったもんだ。
完全に暑くなってきた最近は、ハウスに入ろうとしない。
DSC08043.jpg
クールベッドもしくはカートで寝場所が固定された。
でも、ベッドの場所はハウス前がいいらしく、アゴだけをハウスに入れて(乗せて?)寝るのもお気に入り。
DSC08063.jpg
フチが盛り上がった形のこのベッド、こんな↓使い方も便利です。
DSC08056.jpg
最近のアッシュはフセてフードを食べますが、ベッドのフチがアゴ下〜胸元にある方がなぜか頭がよく上がるので、地べたにフセているより食べやすいらしい。

寝床の追求をしているうちに、ベッドの違う使い道も見つかった。介護って、ホンマに手探りやな〜。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック