WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 遺伝子検査
遺伝子検査
2014 / 09 / 13 ( Sat ) 00:00:16
JOYが前葉ファミリーになってもうすぐ1年になります。
お陰様で元気に大きくなり1才4か月を迎えることができます。
今とても健康だから検査をする必要もないと言えばそうなんですが、どんなブリード (繁殖) で生まれたかわからないJOYだからこそ、遺伝子検査をすることを決心しました。

股関節形成不全が遺伝的素因の関与が大きいと考えられているのは有名ですね。
 (股関節形成不全は、遺伝的素因に環境因子が重なって起こりますが)

 劣性遺伝を発現する事をアフェクテッドといいます
 発症しない劣性遺伝を持っている事をキャリアと言います
 アフェクテッド、キャリアの交配は行ってはいけません


JOYは今のところ耳や目などに問題なさそうですが、見た目でわかる違いと言えば
 ・毛色がブルー (ちょっとチョコ) マール
 ・歯は小さく、数が少ない
 ・停留睾丸 (遺伝子が関与しているといわれている)
 ・左目にタペタム層を持たない

マール (大理石模様) は、マール遺伝子の影響が強く出ているわけで、目や耳に障害をもって生まれることもある色だといわれています。
JOYは去勢をしているので交配するわけではありませんが、何か兆候が表れたときに早めに対応してあげたいと思い、以下の4項目の検査を依頼しました。

セロイドリポフスチン(CL)症
  脂質酸化物が細胞内に過剰に蓄積し、神経細胞が侵される病気
  1才半位までは正常でわからない
  発症後、治療法はない。 3才半位までに亡くなってしまう

遺伝性好中球減少症(TNS)
  好中球の減少により致死的な感染症にかかりやすくなる
  跛行(歩行困難)と下痢および高熱
  治療法はない。 3才半位までに亡くなってしまう

コリーアイ(コリー眼異常)
  脈絡膜の発育不全や網膜内の過剰な血管新生、眼内出血や網膜剥離を起こす
  無症状の場合もあれば、失明にいたる場合もある
  治療法はない
  ブルーマールでは、眼底色素がもともと薄いため、診断が難しい

MDR1遺伝子変異
  細胞の中から薬剤を汲み出す蛋白質が欠損していて、通常よりも多くの薬物が体内に分布して中毒を起こす
  イベルメクチン(フィラリアの薬)に強く反応する場合がある
  抗癌剤、ステロイド、抗菌剤、免疫抑制剤、消化管治療薬、循環器治療薬の副作用が出やすい

こんな風に首の静脈から採血、前脚からじゃないんですね。
DSC_3627.jpg
結果を待つ間の1週間、ハラハラドキドキでした。

結果、4項目について クリア でした。

クリアとは、両親から正常な遺伝子を受け継いでいるということです。
遺伝子検査をすることは、遺伝病のリスクと可能性を減らし、5年後、10年後に生まれてくる犬たちが健康であるために交配をする場合、絶対に必要なことです。
また、交配しないとしても、将来の発症リスクを知ることができる重要な検査です。
リスクを事前に知ることで、発症時の原因究明が遅くならず、早く対処することができ、どう過ごしていくかじっくり考えることができます。

今回の検査料は56,000円也でしたが、我が家には必要な検査だったと思えます。

イベント情報
9月13日(土)
アミーゴ豊中服部店にて 「愛犬しつけ相談会」 予約受付中!!
詳細はDog.2.BeのHPをチェック → コチラ
申込みはアミーゴ豊中服部店まで 06-4866-9350


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト

つれづれなる日記 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<9月の豊中相談会 * HOME * 慣らしの日々>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

メルを迎え入れたときにクリアって書いてある、用紙を貰いました。

最初、ボーダーは2歳位にかかる病気があって、助からないと知り
2歳を乗り越えるのが第一関門?かいって思っていて、その用紙が
あっても、2歳を超えたときは、嬉しかったんです。

で、よーく調べたら前葉トレーナーが書いてくれた今回の内容と同じ
事が書いてありました。病気っていつ発症するか分からないので、
日々の変化を察知しないといけませんね・・・

鈍感飼い主でも大丈夫か心配です。
取りあえず体は触るように心がけてます^^;

JOY君、良かったです!
by: メル坊ママ * 2014/09/13 21:59 * URL [ *編集] * page top↑
  良かったですね。

遺伝病の検査をしていただきありがとう
ございます。

全てクリアで安心出来ましたね。
皆がこういう検査を受けてくれれば、防げる筈の遺伝病はなくなる筈なんですけどね・・。

発症犬でも、自分に何が起きているのか解らない状態です。毎日、一生懸命生きようとしているんですけどね・・。日々、状態は悪くなっています。

JOY君が何も問題が無く何よりでした。
by: ひぃ * 2014/09/14 23:27 * URL [ *編集] * page top↑
 

メル坊ママさんへ
かわいいわが子ですから、どんな小さな病気になっても心配で仕方ありませんよね。
元気に過ごせることに感謝する気持ちでいっぱいです。
遺伝子疾患を調べずに繁殖したり、知っていても売れるからと繁殖したりすると、不幸な子が増えてしまいます。
草の根運動ではありますが、正しい知識を持って、幸せな子が増えるようになるといいと思い、今回の記事を掲載いたしました。
by: 前葉トレーナー * 2014/09/15 21:45 * URL [ *編集] * page top↑
 

ひぃさんへ
検査をすることに躊躇していたのが事実です。
クリアじゃなかったら・・・と考えると踏みきれずにいましたが、決心できたのはひぃさんのおかげです。
このブログを目にしてくれた人が、正しい知識を身に付けてくれれば、少しずつでも良い方向へ向かうのではと願わずにはいられません。
by: 前葉トレーナー * 2014/09/15 21:48 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/2097-cce6910e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *