WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 邂逅の軌跡1
FC2ブログ
邂逅の軌跡1
2014 / 01 / 12 ( Sun ) 00:30:34
1月11日、あるワンコの49日のお参りをするために、アッシュ家は某ペット霊園を訪ねました。
DSC09493.jpg
自然に囲まれ、落ち着いた雰囲気の場所です。
ここに、たった数ヶ月の短い命を懸命に生きたワンコが眠っています。

========================
ある場所で飼い主らしき人から海に投げ捨てられた子犬たち。
野良犬としてたくましく生きようとしているときに、通報によって保健所に捕獲されてしまった一匹のワンコ。
見かねたKさんという方が保健所から引き取ってくれましたが、そのときにはパルボウィルスに感染していました。
SN3T0109.jpg
それでも、Kさんは「チビ」と名付けたこの子を獣医さんと一緒に看病し、人の優しさ・温もりを伝えてくださいました。
人間から度重なるひどい仕打ちを受けたのに、Kさんのおかげでこの子は人に抱かれる心地よさを味わうことができたのです。

でも、パルボウィルスは感染力も強く、有効な特効薬もないため、ワクチン接種で防ぐ方法しかありません。感染してからは対症療法で症状の緩和・回復を望みますが、ワクチン未接種の犬や、体力・免疫力の落ちた犬(とくに子犬・老犬など)が感染するとかなり高い確率で死に至ってしまいます。

この子は保健所で感染したようです。
「もらい手がつかないと思われる犬にはワクチンは打たない」という方針の施設でした。
雑種だから・・・野良犬だから・・・ワクチンは打ってもらえませんでした。

一時は症状も治まりかけたように見えた時期もあったようですが、Kさんに保護されて10日間パルボと闘ったあと、「チビ」は天に召されました。まだ生後半年ほどの子犬でした。

詳しくお知りになりたい方は、Kさんのブログをご覧ください。
(Kさんから了承を得ています)
【1→里親さんを募集します】
【2→引き続き里親さんを募集します】
【3→保健所からやってきた仔】
【4→チビのこと】
========================

自治体によって、保護犬に対する考え・扱いはさまざまです。
今回の出来事で、いろんな意見が生まれるでしょう。
→野良犬のままでよかったんじゃないか。
→引き取って治療をすることで苦しみが長引いたんじゃないか。
→ほんの少しでも人の温もりを味わえたから幸せだったはず。
・・・みなさんは、どのように思われますか?

ほんの少しであっても、亡くなる直前に優しい人々に愛され、心穏やかな瞬間が持てたことで、「チビ」は幸せを感じたに違いない・・・斎藤トレーナーはそう信じています。

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト




つれづれなる日記 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<邂逅の軌跡2 * HOME * 誘われたけれど・・・>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

おかんは涙が止まりません

またこんな可哀想なワンコが・・・

でもチビは優しい人に出会えて愛情を知って十日間は幸せだったに違いないはず

本当に毎回毎回ひどい人間たちには激しい怒りを感じます
同じ人間をやってるのが恥ずかしい

どうやったら不幸なワンコが世の中からいなくなるのか

あぁ、もぉ!!
ほんとに腹が立つ

同じめにあわせてやりたい


by: レオクレのおかん * 2014/01/12 02:07 * URL [ *編集] * page top↑
 

私にはなにが正しいかは分かりませんが、チビちゃんが亡くなる時に『怖くないよ』と思えたであろう事を強く望みます。
ヒトは自分の子ですら、虐待し死にいたらしめます。
慈愛の心を持ち、護るヒトがいるのも人間。
後者が増えれば、可哀想な弱い命は減るのに。。
チビちゃんのご冥福をお祈り致します。
by: 『ぷぅ』 * 2014/01/12 08:18 * URL [ *編集] * page top↑
 

レオクレのおかんへ
本当に悲しい話です。
斎藤トレーナーも悔しくて怒りのやり場がありませんでした。
こうやって少しでも多くの人に事実を知ってもらうことで、
問題提起になればいいと思ってます。
人として非道な行いをした人には、
きっと良い人生は開けないはず。
今後、非力な動物たちが辛い思いをしないためにも、
地道ながら問題提起と啓蒙活動を続けていきます!
by: 斎藤トレーナー * 2014/01/12 11:01 * URL [ *編集] * page top↑
 

『ぷぅ』さんへ
我が子を平気で虐待する人間・・・
そんなニュースが後を絶たず、同じ人として辛いですよね。
こうやってブログを読んでもらい、
事実を知ってもらうことで少しでも「護る」人が増えてくれれば・・・。
そう願うばかりです。
「チビ」のことを知って冥福を祈ってくれる人がいるだけで、
あの子は幸せな子だと思っています。
by: 斎藤トレーナー * 2014/01/12 11:04 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/1850-345f6386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *