WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 拾う神あり
FC2ブログ
拾う神あり
2013 / 06 / 03 ( Mon ) 00:00:56
4月から教室に通い始めたワンコがいます。
岡田プッチー
6ヶ月のイタグレちゃん。
諸事情あって、年配のご夫婦に引き取られました。
賢い子なんだけど、元気が良すぎて引っ張るし、吠えちゃうし・・・。
レッスンでは落ち着かせる方法をお伝えしたのですが、残念なことに飼い主さんが力負けしてしまい、どうしても飼い続けるのが難しい状況になってしまいました。
飼い主さんなりに、知人に声をかけたり、ポスターを作って引き取り手を探してみたり、なんとかこの子を幸せにしてくれる新しい飼い主を探そうとがんばったのですがうまくいかず・・・「先生、どうすればいいでしょう?」と連絡がきました。

こういうケースはDog.2.Be史上初めてです。

斎藤トレーナーは一瞬迷いました。
申し訳ないけど、アッシュとの生活リズムを考えると、斎藤トレーナーが引き取ることはできない。
飼い続けるように説得しようか?
出張をしてでもアドバイスとフォローをしていこうか?
レッスンの様子を思い出しても、確かに老夫婦では扱いきれないほどの力強さとテンションの高さ・・・「飼い続けて」と言うのは簡単だけれど、現実問題として難しいだろうな、と判断。
飼い主さんの気持ちを再確認しました。
「どう考えても、もう無理です・・・」
辛そうに話す飼い主さんの声が忘れられません。本当はずっと一緒にいたかったという思いがにじみ出ていました。

アッシュも、どこかで誰かに飼われていたワンコでした。どんな事情があって首輪を付けたまま放浪していたかわかりませんが、もし斎藤トレーナーに出会わず、心ない人に捕まっていたら・・・保健所に収容されて殺処分になっていたら・・・そう考えると、他人事じゃありません。なんとかして力になってあげたい。取り急ぎ、信頼できる保護団体の連絡先を伝えました。
どうか、新しい飼い主さんと出会えますように。

その後、教室の生徒さんの一人に事情を説明したところ、なんと、その人の知人が引き取ってくれるという話をいただいたのです!
なんでも言ってみるもんだ!
飼い主さんに伝えると、とても喜んでくださいました。
本当によかった。
引き取ってくださる方、どうもありがとうございます。
パワフルだけど、物覚えの早い良い子なんですよ♪
どうぞよろしくお願いいたします。

世の中には、これほど恵まれないワンコたちもまだまだ多いのです。微力ながら、一匹でも多くのワンコ、一人でも多くの飼い主さんが幸せになれるお手伝いをしたいと、改めて強く思いました。

不思議な縁で知り合ったイタグレちゃん、これからは新しい飼い主さんのもとで楽しく過ごしてね♪

イベント開催決定!
★6月16日(日)
「D2B GRAND PRIX」
Dog.2.Beにてエントリー受付中!
--------------------------------
詳細はDog.2.Beホームページにて


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト




つれづれなる日記 TB:0 CM:8 admin page top↑
<<アーバンドック * HOME * なんでそーなる!?>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

おかんは激怒した!!
『走れメロス』の冒頭文みたいになったけれど、本当に怒っています

老夫婦に譲った知人
何故ちゃんと相手を見て、犬種の性格も考えなかったのか
ただ、産まれた子をどうにかしたかっただけではないのか

譲り受けた老夫婦
一度は我が子として迎え入れたのなら何故最後まで責任を持って面倒をみてあげないのか
よく簡単に手放せるなと


イタグレは元気で活発すぎる
ただ可愛いから、格好いいからだけで命あるものを手にしないでほしい

以前にもイタグレを飼っていて面倒をみきれないから誰かもらってほしいという人に出会ったことがある

イタグレに限らず、今ワンちゃんを飼ってる人、これから飼おうかと思っている人、全ての人に言いたい

責任ある行動を!!

モノじゃない!!
立派に意思を持った命ある人間と同じ生き物だということを!!
可愛いからだけで飼おうとは思わないでほしい!!
少なくともそれぞれが持っている犬種の性格を理解した上で手にしな
さい!!

あぁ、ほんとにもぉ、おかんは激怒した
by: レオクレのおかん * 2013/06/03 00:58 * URL [ *編集] * page top↑
 

「犬を飼う」って本当簡単ではないですね。
犬種ごとに性格も違って、もちろんその子自体にも性格がある。
飼い主さんがリーダーにならなくちゃ、犬も幸せから遠ざかる。

かわいいから、流行っているから、だけでは家族の一員にすることはやはり難しいんだ、と再確認する記事でした。

テレビなどでも、犬=かわいい だけを全面にだし、飼うことについての覚悟や大変さ、犬がどんな生き物なのかの魅力、を見せる番組は少ないような気がします。

責任と覚悟は、大型犬も小型犬も同じ。

私もdog2beでさらに犬の素晴らしさを日々実感している一人。
トレーナーさん方の思いと行動は素敵だなと思います。

ご夫婦さんもある意味ではこのイタグレちゃんで犬をより知ることができたというきっかけとして、これ以上は落ち込まずいてほしいな(^^)

犬と歩むことは苦しいことも多いけど、やっぱり最高!
by: コタママ * 2013/06/03 10:53 * URL [ *編集] * page top↑
 

レオクレのおかんへ
熱いコメント、ありがとうございます。
斎藤トレーナーも、静かに、心の奥底で怒り心頭でございます。
が、職業上、怒りを全面に出して応対するわけにもいかず。
犬の幸せを一番に考えた行動を取るように努めています。

まだまだ世の中には何もわかっていない飼い主さんが多いのも事実。
犬を売る側にも問題があるんですけどね〜。
だからこそ、Dog.2.Beは今のスタイルを崩すわけにはいきません。
地道なやり方ではありますが、
少しずつ理解を深めてもらえるような啓蒙活動(エラそーなものではありませんが)を
ただひたすら続けていこうと思っております。
レオクレのおかんのような熱い思いを持った飼い主さんたちもたくさんいてくれて、
それがDog.2.Beに勇気と自信を与えてくれているんですよ〜。
ありがたいことです。

おかんは「怒る」前に「走れ」って感じで。
「走れおかん、おかんは走る(ワンコとともに)」
by: 斎藤トレーナー * 2013/06/03 12:27 * URL [ *編集] * page top↑
 

コタママさんへ
初めてのことで、衝撃も大きかったのですが・・・
悪意のある飼い主さんでなかったことが救いです。

コタママさんのように、正しく理解してくれる飼い主さんのためにも、
まずはしつけ教室を通して、ワンコと飼い主さんを幸せにしたい。
少しでも共感をもってくださる飼い主さんが一人でも増えればいい。
きっと、いつかは大きな輪になることを信じています。

「犬を飼う」って、奥が深いですよ〜。
だから喜びでもあるんですけどね。

誰かスポンサーになってくれへんかな〜。
Dog.2.Beに力があれば、どんどんメディア進出して、
現状を訴えていくのにな〜。
ペット番組も、もう少し考えて欲しいですね、ホンマに!
by: 斎藤トレーナー * 2013/06/03 12:31 * URL [ *編集] * page top↑
 

読んでて涙がでました。
安心した気持と寂しい気持ちと悲しい気持ちなんやかんやで。
ほんまに、よかった・・・です。
by: チョコチロルの母。 * 2013/06/03 21:41 * URL [ *編集] * page top↑
 

その後のイタグレ速報

老夫婦の元へ引き取りに行った時にあえてうちのイタグレを連れて行き、『この子はうちのイタグレです』と言っただけで、戒めの為に黙って座らせたりついて歩かせたりしました

これがどういう意味か理解してくれたかは定かではありませんが

新しい飼い主さんはそれはそれは喜んでくれて今日は親戚まで集まって可愛い可愛いだそうです
明日もみんな集まるらしいです

イタグレさんはこんなに幸せなことがあるのかと、さぞ驚いていることでしょう

一匹の可哀想なワンちゃんが幸せになって本当によかった

最初だけでなく、この先もずっとずっとこのワンちゃんの幸せが続くように願うばかりです
by: レオクレのおかん * 2013/06/03 22:30 * URL [ *編集] * page top↑
 

チョコチロルの母。さんへ
こんなにトントン拍子に進むとは思っていませんでしたが、
本当に、結果オーライでした。
もっともっとワンコを幸せにしたいーっ!!
by: 斎藤トレーナー * 2013/06/03 23:58 * URL [ *編集] * page top↑
 

レオクレのおかんへ
このたびはご協力いただき、感謝してます!!
本来なら私自身がもっと動かなくちゃいけないんだろうけど、
イタグレのことはイタグレ飼い主に・・・と、
つい相談しちゃいました。
新しい家族に包まれて、たくさん幸せになってほしいなあ。
いろいろ動いてくれてありがとう&お疲れさまでした。
by: 斎藤トレーナー * 2013/06/04 00:00 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://dog2be2007.blog121.fc2.com/tb.php/1618-35d8c139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *