WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 野鳥
FC2ブログ
最近、いろんなところで飛びかたがへたっぴな子スズメや、ピーチクパーチクと賑やかな子ツバメたちを見る。

にいちゃんは小さいとき、巣からおちた子野鳥を拾ってきたなぁ。
一生懸命温めて、餌をやって、無事に巣立つ子、甲斐なく死んでしまう子。
にいちゃんは子野鳥に限らず、カメから蛇までいろんなものを拾ってきたなぁ。
高校生になってからは子猫を拾ってきたなぁ。
すぐに病院へ連れて行ったら、福沢諭吉さんが吹っ飛んで行ったけれど、元気になって里親に出したっけ。
ハトを拾ったけれど、甲斐なく死んじゃったよねぇ。
陸上自衛官になったにいちゃんは、駐屯地でも子カラスを拾ったなぁ。
親カラスがそばにいて、威嚇されながらも、完全防護服にヘルメットをかぶって保護し、病院へ連れて行ったなぁ。

先日、JUDYと散歩をしていたら、足を負傷した子カラスが大騒ぎしていた。
上空には親カラスが飛んでいた。
前葉トレーナーはJUDYと一緒に、しばらくその様子を見ていたけれど、保護しなかった。
その後、子カラスはどうなっただろう、ってすごく気になる、悔やまれる。

なぜ保護しなかったの?
野鳥だから・・・親がそばにいたから・・・
本当にそれだけ??

野鳥だから自然に任せることを選んだ。

にいちゃんが小さいは「命を大切にする」なぁんて親としてカッコつけてたんだろうなぁ。
にいちゃんは「命を大切にする」大人になっていて、子カラスの命を救ったんだ。

なぜ前葉トレーナーは、子カラスを助けなかったのかなぁ。

野鳥だから・・・・


こんな子犬が一匹で落ちていたら、間違いなく保護する! 一生守る!
犬だから・・・・
061117_1400.jpg
同じ一つの命なのに・・・(涙)


“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




【2012/06/28 00:00】 | つれづれなる日記
トラックバック(0) |


ルーシーの母
私は幸い野鳥のヒナに出会ったことはないけれど、鳥のことはサッパリ分からないので、こんな人に拾われたらヒナが可哀想かも。

先日動物病院に行ったら↓のポスターが貼ってあり、少々驚きました。
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

釈然としないけれど、鳥のエキスパートが言うことなので正しいんじゃないでしょうか?でもJUDYママさんのように迷ったり、罪悪感を感じたりするでしょうから、今後も出会わないことを祈っています(苦笑)。



前葉トレーナー
ルーシーの母さんへ
私もこのポスター見ました。
中途半端な気持ちで自然に手を出したりしてはいけないんですよね。
ただ祈るしかないんですよね・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私は幸い野鳥のヒナに出会ったことはないけれど、鳥のことはサッパリ分からないので、こんな人に拾われたらヒナが可哀想かも。

先日動物病院に行ったら↓のポスターが貼ってあり、少々驚きました。
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

釈然としないけれど、鳥のエキスパートが言うことなので正しいんじゃないでしょうか?でもJUDYママさんのように迷ったり、罪悪感を感じたりするでしょうから、今後も出会わないことを祈っています(苦笑)。
2012/06/28(Thu) 07:36 | URL  | ルーシーの母 #irjSYgu2[ 編集]
ルーシーの母さんへ
私もこのポスター見ました。
中途半端な気持ちで自然に手を出したりしてはいけないんですよね。
ただ祈るしかないんですよね・・・
2012/06/29(Fri) 19:58 | URL  | 前葉トレーナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック