プロフィール [北海道2016] by いつも一緒に・・・
FC2ブログ
懐かしい・・・新しい・・・(阿寒)
2016年07月24日 (日) | 編集 |
900ヘクタールの牧草地がある900草原にあがってきたよ。
えぇ~っと・・・・ 900ヘクタールってことは、東京ドーム190個分?
s-DSC_8239.jpg
見下ろす草原には白黒の点々が。
s-DSC_8252.jpg
ミョ~にリアルな牛だけれど、これなら怖くないんだね(笑)
s-DSC_8243.jpg
ボクは男だ!怖くないジョイ・・・ この距離ならね。
s-DSC_8253.jpg
青空が拝めない旅ですが、日差しもなく涼しくて JUDY&JOY にはサイコ~だね。
s-DSC_0437.jpg
際限なく跳んでいます。
s-DSC_0460.jpg
今宵のお宿は阿寒湖温泉の源泉かけ流し旅館です。
もちろん犬ウェルカム、館内移動も歩いてよし、ありがたいです (多くの宿では抱っこ移動です)
s-DSC_0465.jpg
北海道らしいスープカレーや海魚、阿寒湖のワカサギ料理などでおなか一杯。
s-DSC_0466.jpg
s-DSC_0467.jpg
もちろん、源泉かけ流しで体もホッカホカ。
s-DSC_0468.jpg
夜の阿寒湖です(笑) マリモも静かに寝ているでしょうね。
s-DSC_0469.jpg
ユネスコ世界遺産になったからでしょうか、夜遅くまで町が明るいです。
s-DSC_0470.jpg
アイヌコタン(民芸品と踊りの里)も、規模が大きくなっていました。
s-DSC_0471.jpg
アイヌのポンチセ(小さい家)がいろいろあったジョイ。
s-DSC_0473.jpg

翌朝は営業部長が一番行きたかった “阿寒国立公園オンネトー”
熊鈴リンリンさせながら森の中を2km散策です。
s-DSC_0474.jpg
施設管理車が一台入っていっただけで、人っ子一人いない森です。
s-DSC_8257.jpg
倒木は苔むしていて、まるでジブリの “もののけ姫” の世界、 “こだま” が出てきそうです。
s-DSC_0478.jpg
シラカンバが美しい森に変わってきたから、そろそろゴールかな?
s-DSC_8260.jpg
国の天然記念物 “オンネトー湯の滝” 10年前には露天風呂があったそうです。
マンガン酸化物生成現象が地上で見られる世界でただ一箇所の貴重な場所です。
s-DSC_8293.jpg
滝の苔がマンガンを作るために重要なんだジョイ。
昔の人が熱帯魚のグッピーを放流して、苔を食べちゃったんだって。
施設管理者のおじさんが、JUDY&JOY をなでなでしながらいろいろとお話を聞かせてくれました。
グッピーを駆除するために何年も努力をされているそうです。
s-DSC_8289.jpg
そういえば、前日に泳いだ屈斜路湖にも外来種のウチダザリガニがいて困っていたのよねぇ。
北海道独自の生態系が崩れてしまうので、取ったら茹でて食べて駆除されています(おいしいらしいです、カニラー前葉トレーナーは食べたかったなぁ)
s-DSC_8317.jpg
JUDY 姉ちゃん!お日様が顔を出してきたよ!
久しぶりの青空にテンションアゲアゲの JOY です。
s-DSC_8320.jpg
湯の滝を後にして、散策して戻りましょう。
同じ道を歩いているけれど、往路とは全く違う印象の森、木漏れ日溢れる森に生命の息吹を感じます。
DSC_832300.jpg
大きな樹だなぁ~ ボクもしっかり根を張って生きていくジョイ!
s-DSC_8334.jpg
鮮やかな緑葉だわ~ あたちも活き活きと毎日を楽しむわ!
s-DSC_0496.jpg
やっぱり JUDY&JOY には、自然が似合うわ~ 連れてきてくれたパパに感謝!感謝!!
DSC_833800.jpg
これからも家族で、こうやっていろいろなことを楽しんでいこうね! 約束だよ。
s-DSC_8339.jpg
あっ! オンネトー湖が見えてきたよ。 一日に5回以上も湖面の色が変わることから “五色沼” って呼ばれるんだって。
s-DSC_8350.jpg
地元の人の話だと、雌阿寒岳と雄阿寒岳がこんなにきれいに見えるのは珍しいとのこと。
どちらも山頂までは2時間ほどで登れるらしいので、次は登ってみたいね。
s-DSC_8358.jpg

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
懐かしい・・・新しい・・・(摩周)
2016年07月23日 (土) | 編集 |
摩周湖・・・ といえば霧のはずなんだけれど。 霧のない摩周湖を見ると、出世しないとか結婚できないとか(笑)
9年前は湖が存在するのかどうかもわからないほどの濃霧でした。
s-DSC_8051.jpg
世界屈指の透明度、吸い込まれそうな摩周ブルーに時間を忘れます。
s-DSC_7986.jpg
写真撮影に夢中な営業部長をほったらかして、第一展望台へ移動しちゃうぞ!
s-DSC_0326.jpg
営業部長側から撮影した第一展望台。 ここで 「FIND JUDY No.3」 超簡単(笑)
s-DSC_8006.jpg
あたちはお山の大将よ~~~~!
s-DSC_8006 - コピー
「FIND JUDY&JOY No.4」 わかるかな?
s-DSC_8013.jpg
ボクは抱っこされてるよ~
s-DSC_8019.jpg
JUDY はパパが気になるみたい。
s-DSC_0329.jpg
JOY は何を見ているのかな?
s-DSC_8043.jpg
摩周湖の反対側には、硫黄山と屈斜路湖が見えています。
s-DSC_8022.jpg
陽も傾いてきたし、今宵のお宿へGO!
s-DSC_8059.jpg
古い温泉町のごく普通の温泉宿だけれど、こんな12畳和室に犬OK!
s-DSC_0335.jpg
JUDY&JOY コーナーで休んでいてくださいね。 基本、素泊まりの前葉家、晩ごはんを食べに行ってきます。
s-DSC_0339.jpg
弟子屈の豚骨&魚介の味噌ラーメン、癖になります。
s-DSC_0336.jpg
道の駅で買ったサクランボが今夜のデザート。 食べたらまたお留守番していてね。
s-DSC_0337.jpg
あまりに星がきれいだったので、深夜デートにGO! 向かったのは、摩周湖の展望台(笑)
流れ星み~つけた! 月明りがこんなに明るいんだと忘れていましたねぇ。
s-DSC_8083.jpg

翌朝、車を走らせていると目に飛び込んできたのは巨大な “牛” の文字(爆笑) 地主さん、ご苦労さまです。
s-DSC_0340.jpg
しゅっしゅごい湧き水だジョイ! 1日12000トンって!
s-DSC_0342.jpg
静粛な森に囲まれた池は 「神の子池」 と呼ばれています。
s-DSC_8130.jpg
木索道があるけれど、熊出没に注意して、熊鈴を鳴らして歩いて行こうね。
s-DSC_8091.jpg
神様からの贈り物のようなコバルト碧色の池。 吸い込まれそうです。
パワースポットでいっぱいパワーをもらえました。
s-DSC_8118.jpg
湧き水は冷たいけれど、オショロコマがいっぱい泳いでいるジョイ。
s-DSC_8105.jpg

前日に摩周湖展望台から見えていた硫黄山へ車を走らせます。
s-DSC_0344.jpg
アイヌ語でアトサヌプリ(裸山) 硫黄の噴煙があちこちから立ち上がっています。
s-DSC_8141.jpg
わぁ~ ゴウゴウ言ってる~ 地面が温かいジョイ!
s-DSC_0347.jpg
風向きが山側なので、硫黄の匂いはあまりしません。 JUDY&JOY にも影響がないので登ってみます。
s-DSC_8161.jpg
地球の鼓動を感じているのかな。
s-DSC_0352.jpg
昔の人は火口に熊を落としていたんだって。 火口に近づくとキケンだジョイ。
s-DSC_8180.jpg
キレイな黄色い硫黄は取りつくしちゃったんだって。
s-DSC_8184.jpg
山麓には高山植物の群生地があって、散策路があるよ。 行ってみようか。
s-DSC_8188.jpg
白いエゾイソツツジが咲いていたよ。 満開の時期なら白いカーペットになるんだろうね。
s-DSC_8191.jpg
ハイマツとエゾイソツツジの迷路でかくれんぼみたい!
s-DSC_8232.jpg
噴火と低地に生える高山植物が見られる不思議なヌプリ(山)でした。
s-DSC_8233.jpg
硫黄山のすぐ横には日本一のカルデラ湖の屈斜路湖。 
s-DSC_0434.jpg
わ~~~い! 泳ぐジョ~イ! ちめた~~い、ブルッ
s-DSC_0415.jpg
この辺りはぬるま湯になっているわ~~~ 気持ちよかぁ~
s-DSC_0420.jpg
砂浜を掘ればたちまち露天風呂が作れる砂湯だよ。 JUDY&JOY も掘ってみようよ。
“JUDY&JOYの湯” の湯加減は少し熱め。  足湯の大きさは無理っぽいけれど、手のひら湯はできそうだ。
s-DSC_0391.jpg
今年の北海道は例年になく寒いです。 北や山では昼間も15度ぐらい。

温泉に入ってぬくもりたいわ~ 車を西に向けて走らせます。

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
懐かしい・・・新しい・・・(知床)
2016年07月22日 (金) | 編集 |
紋別から知床へ車を進めます。 途中、サロマ湖付近で北海道らしい風景に出会えました。
s-DSC_7795.jpg
このあたりは原生花園が多数存在しています。
s-DSC_7799.jpg
朝露に濡れた花たちは生き生きとして、夏を謳歌しているみたい。
s-DSC_7803.jpg s-エゾカワラナデシコ s-DSC_7800.jpg
300種類もあるんだって。 ハマナスはトゲがいっぱいだから気をつけてね。
s-DSC_7848.jpg s-DSC_7821.jpg s-エゾフウロ
名前のわからない花もいっぱい。
s-DSC_7928.jpg s-DSC_7927.jpg
風の音、鳥の声、潮の音しか聞こえないって・・・・ 凄いなぁ。
s-DSC_0125_20160719163540f42.jpg
「ジョ~~~イ!」 って叫んでみたよ。
s-DSC_0127.jpg
そしたら二人そろって 「なぁ~に?」 って戻ってくる、かわいいなぁ。
s-DSC_7834.jpg
JUDY の笑顔はシニアじゃないよね、まるで仔犬のように無邪気だわ。
s-DSC_7835.jpg
ウトマンニポポの言い伝えってホントかなぁ?
  アイヌ語でウトマン(夫婦)  ニポポ(願いを叶える木の人形)
  (本来)男女が1つの木から腕を組ませて彫ってあって、木は1つ ・ 気は1つ~ 幸せが離れません!

s-DSC_0159.jpg
今年の北海道はホント寒いですっ! なので JUDY&JOY は車待機できるので、お昼ご飯の間待っててもらいます。
海老天じゃなくてタラバ足天、うまかったぁ (蟹好き前葉談)
s-DSC_0156.jpg s-DSC_0155.jpg
釧網本線 原生花園駅、一日に何本走っているのかなぁ。
s-DSC_7860.jpg
鳴り砂浜だったよ、きれいな石英だったよ。
s-DSC_7890.jpg
黄色やオレンジのユリがきれいだなぁ。
s-DSC_7873.jpg
ちょこっと走り回って、そろそろ今宵の宿へ向かいましょう。
s-DSC_7842.jpg

キャンプ場のバンガローを借りましたが、なっなんと 「中型犬は軒下に鎖でつないで」
理由を聞いたら、布団を踏むから ですって!
小型犬は絶対に踏まないんでしょうかねぇ。 ちなみに JUDY&JOY は絶対に布団を踏みません!!

予約サイトのペット宿泊詳細には
  宿泊できるペット 小型犬・ 中型犬・ 大型犬・ 超大型犬.
  ペットの宿泊場所 同室宿泊 できる
  宿泊できる部屋 ログキャビン、山小屋、バンガロー
  ペットの宿泊料金 1日・1匹800円

そして7行下に
  小型犬以上は室内に入れません。軒下に鎖でつなぐか車中泊になる。
  中型犬以上を室内へ入室させた場合、見た目の汚れに関係なく布団クリーニング代金(2万〜6万円)を請求する。

って書いてありました。 確認不足でした(沈) もちろんペット料金は取られませんでした、不思議だねぇ。

ということで、今宵は車中泊でよろしく! 毛布が必要なほど寒くてよかったわ。
s-DSC_0202.jpg
実によく海鮮を食べる前葉家(笑)
s-DSC_0201.jpg s-DSC_0200.jpg

おはようございます。 朝ごはんはこんな感じ(笑) ちょっとご機嫌斜め?
s-DSC_0204.jpg
キャンプ場内には無料のイチゴ狩り園があるので、摘みたてイチゴもいただきます。
s-DSC_0212.jpg
斜里岳の雪解け水が十数年を経て湧き出る水がある。 「来運の水」 っていうんだよ。 JUDY&JOY はここで待ってて、汲んでくるから。
s-DSC_0222.jpg
よほどおいしいのか、ゴクゴクッ飲んでいたよ。 いっぱい幸運がやってくるといいね!!
s-DSC_0217.jpg
さて、いよいよヒグマの住処 知床へ入るよ。ヒグマってあたちに似ているわよ。
シロクマもでるのか? でませんよ。
s-DSC_0124_20160719164416f7c.jpg
さすがにヒグマには会いませんでしたが、そこかしこにエゾシカやキツネ、エゾリスが出てきます。
キツネは車を見ると真正面から近寄ってきます。 そしておすわりをして食べ物をねだります。
誰かに食べ物をもらって、味を覚えてしまったんでしょうね・・・・ 悲しいことです。
s-DSC_0229.jpg s-DSC_0248.jpg
JUDY&JOY が出られるのはここまで。 車中で待っていてくださいね。
s-DSC_7895.jpg
9年前に来たときは、まだ世界自然遺産に認定される前で、一湖、二湖は歩いて回れたよなぁ(三~五湖はヒグマが出たので立ち入り禁止)
今は高架木道が一湖まで。 ツアーに入らないと地上は歩けません。
s-DSC_0233.jpg
そうそうに五湖を離れて、未舗装道路を車で登っていくと
s-DSC_0240.jpg
カムイワッカ湯の滝。 温かい滝を登っていくことができます。 9年前はずいぶん上まで登ったなぁ。
s-DSC_7921.jpg
ヒグマ生息山を下りてきて、日本の滝100選のオシンコシンの滝。 ここは JUDY&JOY も出てこれたよ。
s-DSC_7965.jpg
漁師の店でお昼ご飯。 ウニもタラバ蟹もボタン海老もシャケルイベも絶品、絶句・・・・
s-DSC_0263.jpg
車中待機で運動不足の JUDY&JOY のためにも、高さ60mのオロンコ岩の頂上まで170段登りましょう。
デッカイ岩よねぇ~ ワクワクするわ~
s-DSC_7937.jpg
超~~~狭くて、手すりの外は断崖絶壁の階段をヒィ~ヒィ~息を切らせて登る飼い主・・・・ JUDY&JOY は四駆でいいなぁ。
カモメが下を飛んでいるのが見えるジョイ!
青く澄んだオホーツク海や知床連山が見渡せます。
s-DSC_7939.jpg
シニア JUDY には下り階段、ちょっと酷だったかな? 頑張れ!!
最近、筋力不足で膝の調子が悪い前葉トレーナーには、かなり良い筋トレになりました(苦笑)
s-DSC_7948.jpg

“ほめてしつける”がモットー!しつけのお手伝いをします。
dog2be.web.fc2.com
アッシュとジュディをぽちっぽちっとしてね!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ