WIKIレンタル いつも一緒に・・・ 小豆島2008
アッシュ in 小豆島
2008 / 05 / 13 ( Tue ) 13:20:05
GWのアッシュの旅、斎藤トレーナーより報告しま~す。

これからカーフェリーに乗って小豆島へ行きます。
斎藤トレーナーもアッシュも初・フェリー&初・小豆島!ワクワクです♪
ワンコは踊り場のような少し狭いデッキにしか居られませんが、素通しなので水面も波も近く、潮風もたっぷり浴びることができます。
DSC00291.jpg

アッシュ「ふっ、潮風がオレを呼んでるぜ…」
DSC00293.jpg

そのわりにシッポ巻いてますけど…(笑)(アッシュは波の音が苦手です)
P1001023.jpg

姫路港から小豆島へは約1時間40分。 (結構かかるんやねぇ by 前葉トレーナー)
暇つぶしに、おニューのリードの持ち手を乗せてみました。
アッシュ「船の上で何すんねん…まったく」
DSC00319.jpg

今回2泊したワンコ連れ専用ペンションでは、テニスコートがドッグランになります。
朝晩、斎藤トレーナーとアッシュはたっぷり走りました。
(前葉トレーナーと営業部長が泊まったら、ドッグランどころか二人でテニスの試合を始めそうだ)
(ハイハイ!絶対に早朝テニスやります! by 前葉)
DSC00419.jpg

斎藤トレーナーはいつもアッシュと一緒に全力疾走して、体力作りしてるんやねぇ・・・ by 前葉
DSC00421.jpg

食事はワンコと一緒にダイニングルームへ。
アッシュ「…ぼくのは?」 残念ながらワンコ用メニューはありませんので、
アッシュのために家からスペシャルメニューを持参しました。
DSC00395.jpg

日本三大渓谷美と言われる「寒霞渓(かんかけい)」に、ロープウェイ&車で2回登ってきました。
ワンコも乗れるロープウェイはいいねぇ! アッシュお利口さんにしていたんだって? by 前葉
DSC00441.jpg

ロープウェイの麓の駅で何やら鳴き声がすると思ったら、10mも離れてないところに野生のサルが!!
アッシュを見つけて吠えていたのでした。(アッシュは我関せずだった…)
DSC00691.jpg

山頂駅から見下ろしたロープウェイルートです。
麓からは約5分。
アッシュはずっと静かに乗っていたので、降りるときに初めて気付いた乗客もいました。
「えっ!こんなに大きな犬が乗ってたのーっ!?」って。
DSC00431.jpg


ここで ♪オモロイ♪ 話をひとつ。

寒霞渓山頂、絶景に見とれながらウロウロしていたら
「おお!なんとすばらしい犬だ!」 という声が。
振り返ると、上品な初老のご夫婦がベンチに座ってアッシュを見てます。
うれしいことに、ご自身も和犬を飼い続けているという旦那さんがアッシュを大絶賛。
「この体つきは見事だ!」
斎藤トレーナー「ありがとうございます♪(アッシュの体をひきしめておいてよかった)」
「こんなにいい犬はいないぞ!」
斎藤「いやあ、血統書もないMIXなんですけど…」
「和犬の血が入っているな!?」
斎藤「ハスキーとテリアのMIXだとは思いますが、もしかすると和犬の血も入ってるかもしれませんね~」
「うむ!この犬の血は残さねばならん!」
斎藤「ごめんなさい。去勢しました…(なぜ謝る、私?)」
「去勢!?おお!なんというもったいないことを!」
斎藤「はぁ…すいません…(だからなぜ謝る?)」
「いやぁ、惜しい!!この犬の子孫を残したかったーっ!!」
斎藤「恐縮ですぅ~~~」…とまあ、こんな一場面も。
アッシュは見た目が特徴的なのか、どこに行っても目立つみたいですね。
「あ!」「うわぁ!」「大きい!」などなど、悲鳴とも叫声ともつかない声をよく聞きます。
さらに「オオカミ!!」とも…。
オオカミ飼ってたら今頃テレビに出とるっちゅーねんっ!

まぁ、斎藤トレーナーのアッシュへの入れ込みったら、すごいですよ~
日々のお手入れに余念がありません(保障します!) by 前葉


寒霞渓へのドライブルート途中にある「星ヶ城」は、標高817mの断崖絶壁。
ほぼ360度見渡せる眺望です。
P1001026.jpg

南北朝時代の城跡で、石垣なども残ってます。
DSC00477.jpg

冒険好きの斎藤トレーナーと一緒だと、こんなキワキワなところを歩かされるアッシュ。
でも、それなりに楽しそうでした。
DSC00472.jpg

アッシュ「波の音さえなけりゃ平気なのさっ!」
DSC00454.jpg

小さな島と思いきや、小豆島は見どころいっぱい。
名物のオリーブの木がたくさん生えている「オリーブ園」にも行きました。
1908年に日本で初めて根付いたオリーブの原木も残っていました。
さすが、貫禄ありましたよ。
DSC00548.jpg

田中裕子主演の「二十四の瞳」を撮影したロケ現場が、今でも当時のまま映画村として残されています。
ワンコは建物内には入れませんが、敷地内は自由。
海辺にあるので、波打ち際で遊ぶこともできます。
波の音が苦手なアッシュも少しずつ慣れてきたようです。
自分から磯の匂いを嗅ぎに行ったりして。
泳げる日も近い!?
DSC00480.jpg

まだまだ見たいところ、もう一度見たいところ、などなど、すっかり気に入ったぞ、小豆島。
お世話になったペンションにもまた泊まりたいな。
アッシュにもいろんな経験(冒険?)させたいし。

さーて、次の休みはどこに行こう?
JUDYファミリーとどこかに行きたいな♪

おう!行こう!
スポンサーサイト

小豆島2008 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *